海外ドラマで英語学習 | ドラマチック☆ボキャビル!

英単語やフレーズを映画や海外ドラマのシーンで学び、エピソード記憶として脳に定着させます。

裏切り行為!"throw someone under the bus" の意味と使い方

f:id:miracle-wave:20210516150614p:plain

海外ドラマで "throw 人 under the bus" という表現が使われていたんだけど、バスの下に人を投げ入れるってどういういうこと?

いくつかの海外ドラマで、どんなときに使われているのか見てみるね!

throw someone under the bus の意味

(自分の利益のために人を) 犠牲にする、裏切る

throw someone under the bus の発音

スロー (人) アンダー ザ バス

英検・TOEICでのレベル

"throw someone under the bus" は英検や TOEIC の教材では見つかりませんでした。

海外ドラマではこう使われている!

私はラブ・リーガル (Drop Dead Diva)

Season 2 Episode 10

メタルワークス社が工場を突然メキシコに移転することになり、そこで働いていた女性が 2 週間後に会社を辞めなければならなくなりました。グレイソンがこの女性の弁護をします。

相手側の弁護士: Mr. Kent, this is a business matter, not a legal one.

(これはビジネスの問題だ。法の問題じゃない。)

グレイソン: You violated the notice requirement of the warn act.

(あなたは事前通告の義務を怠った。)

So it is a legal matter, and we have an expedited court date.

(だから法の問題だ。迅速に裁判を。)

相手側の弁護士: Given the "faltering company" exception, the two-week notice is within our rights.

(経営難の場合、2 週間前でよいことになっている。)

グレイソン: Mr. Casey, I'm hoping we can figure out a way to save these jobs.

(ケイシーさん、私はあなたの従業員を救いたい。)

I've heard you're a fair boss and a decent guy.

(いい社長だと聞きましたよ。)

社長: I guess you have an advantage 'cause I've heard nothing about you.

(あなたの方が優勢のようだ。私はあなたのことを何も知らないからね。)

Look, do you really think that I want to move the plant?

(私が本当に工場の移転を望んでると思うか?)

グレイソン: I think you want to make more money, and you've figured out a way to do so by throwing your employees under the bus.

(もっと儲けたくて、従業員を犠牲にすることを考え付いたのでは?)

社長: I'm not that guy.

(私はそんな人間ではない。)

グレイソンは従業員を救うことができるのでしょうか?続きは Hulu で!

私はラブ・リーガル 

デビアスなメイドたち (Devious Maids)

Season 2 Episode 5

スペンスの家に甥のタイが居候しています。タイがゴミを出しに外に出ると、そこにイーサンがいました。タイとイーサンは、アレハンドロを射殺してしまったグループのメンバーです。

イーサン: Hey. Your uncle's got a real nice house.

(お前のおじさんの家、豪邸だな。)

タイ: What are you doing here?

(こんなところで何をしてるんだ?)
イーサン: Came to check on you. Heard you had some... Some trouble with the cops?

(様子を見に来た。警察の世話になったって聞いたもんで。)
タイ: Relax. I didn't... I didn't tell them anything.

(落ち着け。何もしゃべってないよ。)
イーサン: How are you feeling?

(最近、調子はどうだ?)
タイ: I don't know. I still have nightmares.

(まだ悪夢を見る。)
イーサン: Well, it was an accident.

(あれは事故だった。)
タイ: Carter killed Alejandro.

(カーターがアレハンドロを殺したんだ。)
イーサン: That might not be how the rest of us remember it.

(俺たちの記憶では違う。)
タイ: What's that supposed to mean?

(どういう意味だ?)
イーサン: It'll always be our word against yours.

(テメエは孤立無援ってことだ。)
タイ: You son of a bitch. You'd throw me under the bus?

(クソ野郎。僕に罪を着せる気か?)
イーサン: Just keep your mouth shut, and we won't have to.

(テメエが黙ってれば何もしねえよ。)

イーサンの悪の顔が見えてきました。タイはこのあとどうなるのでしょうか?続きは Hulu で!

デビアスなメイドたち

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿 (Castle)

Season 4 Episode 2

ある夜、路地裏である女性が男に襲われそうになっていました。そこへ謎の男がやってきて、刀でその男を真っ二つに切り裂きました。

ベケットとキャッスルはこの女性にそのときの状況を聞いていたのですが、暗くて何も見えなかったといいます。

そのあとのベケットとキャッスルの会話です。

ベケット: She's holding out on us.

(彼女、何か隠してるわね。)
キャッスル: Well, Conan probably saved her Iife. She doesn't want to throw him under the bus.

(犯人に助けられたから、恩を感じて言わないようにしてるのかも。)

悪を征伐するヒーローなのでしょうか?続きは Hulu で! 

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿

Season 7 Episode 8

米国監査院の男性ポールが、ある疑惑の真実を知ってしまい、何者かに殺害されました。その後、ポールの上司の女性ジャーヴィスが画策したことがわかりました。ベケットとキャッスルがこの女性に迫ります。

ジャーヴィス: That is absurd. You can't prove any of this.

(ばかげてるわ。証拠がないでしょ。)
キャッスル: Actually, we can.

(それが、あるんです。)
We found the e-mails you wrote in your cloud account, under the username "white knight."

(あなたのアカウントのメールを見ました。ユーザー名は「白い騎士」。)
ベケット: We also arrested a Latham executive with whom you were colluding.

(あなたと共謀していたレイサム社の重役も逮捕しました。)
He admitted to his role, and he cut a deal.

(彼は罪を認めて司法取引に応じました。)
キャッスル: And he threw you under the bus.

(あなたを売ったのです。)
ベケット: You could have infected and killed millions of people, Ms. Jarvis.

(何百万人もの人が死んだかもしれないのよ。)
And for what, so you could drive a nicer car, buy a bigger house?

(高級車が欲しかったの?それとも豪邸?)
Was this all just because of money?

(金が欲しかっただけ?)
ジャーヴィス: I want a lawyer.

(弁護士をお願い。)
ベケット: You better find a good one.

(かなり優秀な弁護士が必要ね。)

共犯者が先に逮捕され、首謀者を教えてくれたら刑を軽くすると言われ、ジャーヴィスの名前を出したのだと思われます。それを "threw you under the bus" と言っているのですね。続きは Hulu で! 

キャッスル/ミステリー作家のNY事件簿

おわりに

"throw someone under the bus" は「自分の利益のために人を裏切る」という意味です。

語源はよくわかっていないそうですが、イギリスで生まれた言葉のようです。

www.merriam-webster.com

Hulu のススメ

このブログで紹介している表現はほぼすべて Hulu の海外ドラマで発見したものです。

観れば観るほど英語表現が身に付きます。

海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!