海外ドラマで英語学習 | ドラマチック☆ボキャビル!

英単語やフレーズを映画や海外ドラマのシーンで学び、エピソード記憶として脳に定着させます。

自分を過小評価... "sell oneself short" の意味と使い方

f:id:miracle-wave:20210612231041p:plain

海外ドラマで "sell yourself short" という表現が使われていたんだけど、自分を短く売るってどういうこと?

いくつかの海外ドラマで、どんなときに使われているのか見てみるね!

sell oneself short の意味

自分を必要以上に控えめに表現する、自分を過小評価する、自分を安売りする

sell oneself short の発音

セル ... ショート

英検・TOEICでのレベル

"sell oneself short" は英検などの教材では見つかりませんでした。

 

海外ドラマではこう使われている!

君はラブ・リーガル (Drop Dead Diva)

Season 2 Episode 7

グレイソンとヴァネッサの初めてのデートがどうだったのか気になって、ジェーンがグレイソンに聞くシーンです。

ジェーン: What's going on with you and Vanessa? I heard about your date.

(ヴァネッサとはどう?デートのことを聞いたんだけど。)

グレイソン: Yeah, well, that may be over before it starts.

(ああ、始まる前に終わってたよ。)

ジェーン: Oh, well.

(あらそう。)
グレイソン: We're from two different worlds.

(住む世界が違いすぎる。)

I respect her, she's beautiful, but she's upper crust and I'm not.

(彼女はきれいでセレブ、僕は違う。)

ジェーン: You think she's out of your league?

(釣り合わないってこと?)
グレイソン: I didn't say...

(そういうわけじゃないけど)

ジェーン: I mean, you and Deb weren't exactly from the same worlds. From what I've heard.

(デビーとも最初は世界が違ってた。って聞いたわよ。)

I mean, Stacy told me that you knew nothing about dance and Deb introduced you
to the ballet, right?

(ステイシーが教えてくれたんだけど、ダンスを知らなかったあなたをデビーはバレエの公演に連れてったんでしょ?)

グレイソン: Well, she took me to The Nutcracker.

(「くるみ割り人形」だったよ。)

ジェーン: And you brought her into your world too, I would assume.

(あなたも彼女を自分の世界へ招き入れた。でしょ。)

グレイソン: I got her to love the Lakers.

(レイカーズだ。)
ジェーン: Right. Because anything that brought you that much joy, she wanted to be a part of.

(そうね。あなたの大好きなことをデビーは一緒に楽しもうとした。)

I mean, look, Grayson, it sounds like Vanessa isn't the right woman, but don't sell yourself short.

(ヴァネッサとは相性が悪いだけ。引け目を感じないで。)

グレイソン: Thanks, Jane.

(ありがとう、ジェーン)

グレイソンはヴァネッサと自分を比べて劣っていると思っている様子だったので、ジェーンが励ましました。果たしてグレイソンはヴァネッサとうまく行くのでしょうか。続きは Hulu で!

君はラブ・リーガル 

デビアスなメイドたち (Devious Maids)

Season 3 Episode 6

カルメンがメイドとして働いている家の主人エイドリアンはSMプレーにハマっていて、カルメンはそれに付き合わされていました。

そのことを知ったマリソルがメイド派遣の責任者としてエイドリアンの妻に話すことにしました。

エヴリン: All this time, you were engaging in sadomasochism with my husband in my house, right under my nose?

(ずっとこの家で主人とSMプレーをしていたわけ?私の目と鼻の先で?)
カルメン: I am really, really sorry.

(本当にごめんなさい。)
マリソル: Carmen realizes it was a mistake to ever agree to it.

(カルメンは、同意したのが間違いだったと。)
But ultimately, Adrian threatened her job, and she couldn't say no.

(でもエイドリアンにクビにすると言われて断れなかったの。)
エヴリン: Well, I appreciate your candor, and I will deal with Adrian accordingly. As for you, Carmen...

(そうね。正直にありがとう。主人の方はこちらで対処するわ。あなたに関しては、カルメン...)
カルメン: Yes?

(はい)
エヴリン: You're fired.

(クビよ。)
カルメン: You see? I don't know why I listen to you. Never tell the truth.

(ほらね。真実は言うもんじゃないのよ。)

マリソル: Just a minute. Carmen is an employee in your house, and Adrian created a hostile work environment for her.

(ちょっと待って。カルメンはあなたの家では従業員よ。エイドリアンのせいで働きづらくなった。)
エヴリン: You do not know the meaning of the word "hostile."

("働きづらい" の意味がわからないみたいね。)
マリソル: Evelyn, if you fire her now, it will seem like you're retaliating against her for complaining, and that's wrongful termination.

(エヴリン、今カルメンをクビにしたら、苦情への報復に見えるわよ。それは不当解雇だわ。)
エヴリン: Beg pardon?

(なんですって?)

カルメン: That's right, lady. We know the law.

(そうよ。私たちは法律に詳しいんだから。)
マリソル: With your deep pockets, the damages from a lawsuit would cost... millions.

(お宅は資産家だから、裁判による損失は何百万ドルにもなるわね。)
カルメン: Wait. What?

(なんですって?)
マリソル: And the case could drag on for years. Don't you want to avoid all that?

(裁判は何年も続くわね。それは避けたいでしょ?)
カルメン: Go -- go back to the money. I could get millions from her?

(お金の話に戻って。何百万ドルももらえるの?)
エヴリン: Oh, dear, I think there has been a misunderstanding. I would never fire Carmen.

(あらイヤだわ。どうやら誤解があったみたいね。カルメンをクビになんてしないわよ。)
カルメン: Yes, you would. You just did! Fire me!

(しなさいよ。今したじゃない。クビにして!)
エヴリン: Oh, don't be absurd. You're a wonderful housekeeper.

(バカなこと言わないでよ。あなたは最高のメイドよ。)
カルメン: That's a lie!

(そんなのウソよ。)
エヴリン: Stop selling yourself short. You are... one of a kind.

(自分を過小評価しないで。あなたは類まれなメイドよ。)

Now get back to work. These floor aren't gonna clean themselves.

(さあ仕事に戻って。床は勝手にきれいにならないのよ。)

エヴリンの華麗な手のひら返し!続きは Hulu で!

デビアスなメイドたち

 

おわりに

"sell oneself short" は、自分を過小評価するという意味です。就職、転職、仕事のパフォーマンス評価などで誰かを励ますときなどに使えそうです。

Hulu のススメ

このブログで紹介している表現はほぼすべて Hulu の海外ドラマで発見したものです。

観れば観るほど英語表現が身に付きます。

海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!